HOME NEWS BBS DOWNLOAD LINK FAQ  
 

諸団体や地域社会への貢献を通じて「安心して住める」社会の形成に寄与します。
ライフジャケットの贈呈に関する記事などはこちらでご覧頂けます。

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» ライフジャケットについて

目次


どこで製造したものですか?
製造は、当社の100%出資である「加澤商工運動機材有限公司」の技術ノウハウと、中国企業「福州百服飾有限公司」の信頼できる製造技術との提携に基づいて製造してます。
なぜこの商品を販売しているのですか?
1.津波や洪水などによる自然災害や海難事故が発生した際、人の生命、身体に対する被害を防止し、かつ人命の救助をすることを主たる販売目的としております。

2.安価、安全、装着が簡単なことから、河川や海岸近くに住んでおられる老人、子どもや身体に障害がある方など、いわゆる災害弱者の方々の人命被害防止及び救助のほか、これらの方々への日頃の装着訓練などを通じて、安全、安心と防災意識の高揚を図ることを従たる販売目的としております。
製品の特徴説明をお願いします
この製品は、これまでのジャケットと異なり

☆浮力付きのフードを付けた(特許申請済み)ことです。フードをつけることで
 頭部を保護し、気を失って頭部が垂れ下がり水面下に没することを防ぎます。

 またジャケット部分の前身ごろと後身ごろに浮力の差を設け、前身ごろの浮力
 の比率を大きくしておりますから、体が常に上を向くように設計しています。

☆一方、お尻部分にでん部カバーを取り付けた(特許申請済み)ことです。これに
 よって水中に転落した時の衝撃を和らげさらに漂流物などとの接触による傷害
 からでん部を保護することもできます。

☆浮力はこれまでのジャケットと比べてかなり大きいため、引き波や追い波にも
 大変効果があります。また河川の氾濫や洪水などで溝や用水路などが見えな
 くなって誤って落ちた場合でも、水面に浮くことが十分可能です。

☆海抜0メートル以下の地域にお住まいの皆様方が全員共通の水難用救命
 胴衣をお持ちいただくことで、日頃の訓練を繰り返し実施するだけで、いざ水害
 なとが発生した場合に防災関係者の目が届かなくても、個々の人々がこの製
 品を着装するだけで津波などに対する早期対応ができます。

☆身近に水難用救命具を置いておくことで、個人、防災関係者を問わず危機意
 識が醸成され、心にゆとりが生まれることで災害発生時にマニュアルに近い
 冷静な避難行動が可能になります。

☆この製品は、兵庫県防災企画局の主催で、2006年1月17日からHAT神戸
 の人と防災未来センターで開催されました「兵庫県国際シンポシジュウム」に
 出展し、防災専門家の方々から高い評価をいただきました。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
現在訪問中の方
5 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが よくある質問 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...